かんたん地デジアンテナ方向確認 首都圏版 (大阪版へ


地図リセット

方向を表示する住所を入力してください:

青 東京スカイツリー 赤 東京タワー 水色 千葉テレビ 黄色 テレビ埼玉 紫 テレビ神奈川

アンテナを設置する際、地図とコンパスをにらめっこしながら方向を確かめたり、 近所のアンテナを参考に調整をしたり(結構方向ばらばら)と、正確な方向がつかみにくいですが、 これで調べると一発で方向が分かります。
スカイツリー稼働前に、地デジ受信のため設置したアンテナは東京タワーに向いていると思います。 スカイツリーの方向があきらかに違う場合は、アンテナの向きを変える必要が出る場合があります。

アンテナの選び方

素子数

近距離であれば、おしゃれな平面型のアンテナで良いと思いますが、距離や場所によっては電波の入りが悪い場合があります。 その場合、昔ながらの魚の骨の形をしたアンテナが良いです。 素子数(棒の数)が多いほど、強力になります。

チャンネル(周波数)

現在テレビのチャンネル(周波数)は13ch~52ch(リモコンの数字ではない)を利用出来ます。 アンテナには13ch~52chの全チャンネル対応のものと、13ch~36chまでなどローチャンネル対応の物があります。 スカイツリーおよび、ローカル局のメインの電波塔(上記地図)は21~32chしか使用していません。 全チャンネル用でも問題はありませんが、結果的にローチャンネル用の方が性能が少し良いという事になります。

13ch~36ch受信用の地上デジタルアンテナ

14素子 U146TMH 性能9~12.5
20素子 U206TMH 性能10.1~13.5
遠距離受信に挑戦するならこれ。ただ長さが3mあります
30素子 LS306TMH 性能12.9~16